NEW POST

ぽっちゃりな私の服選びの基準は着心地とシルエット

e0266589_22174095.jpg

今日は来月のイベントの打ち合わせでお出かけ。
帰りがけにお気に入りのショップ(23区)を覗いたら
素敵なコートとスカートがセールだったので
買っちゃいました~♪

コートは黒に近い濃紺のノーカラー。
首元にタックが入っているので
のっぺり見えずおしゃれです。
しかもロングコートなのに800ℊの超軽量で
まるでカーディガンのような軽やかさです。

襟がないからマフラーやストールの
収まりがとてもいい!
今年は50歳になるし今までよりちょっと
クオリティの高いものを選んでみました。
生地はイタリア製の高級ウールです。

スカートは上品な艶のあるロングの
タックスカート。後ろが少し長めに
なっていて女性らしくエレガントです。

このショップは毎年シーズンごとに
何度かチェックしているのですが
繊維の品質が1年ごとに向上してますね。
春物のトレンチコートも試着してみましたが
3年前に買ったものよりもはるかに
軽く柔らかく動きやすくなっています。

最近、服は値段の高い・安いに関わらず
着心地とシルエットで選んでいるのですが
やっぱりどこかがきつかったり
素材の肌触りが悪かったりすると
それだけでテンションが下がってしまうので
着心地やパターンや縫製がいいことは
私にとってとても大事です。

こうやって少しずつお気に入りの服が
増えていくのが嬉しいな~。
今度これに似合うニットを編みたいな♡


e0266589_18464677.png

応援クリックお願いします♡



by mittuno-ringo | 2017-01-17 22:17 | ハンドメイド作家講座 | Comments(0)

ぬまさとよしえのハンドメイド作家スクール代表の沼里 良枝です。今まで25年間に渡り日本ヴォーグ社・ブティック社・フェリシモ・日本編物文化協会など100冊以上の書籍でニットや刺繍作品を発表。作ったオリジナル作品は2,000点以上、国内外で手芸教室を20年以上経験。講習会・販売・イベント出展経験多数。今はプロとして活躍できるハンドメイド作家の育成に力を入れています。


by ぬまさと よしえ